災害時の備蓄水にも便利なウォーターサーバー

ウォーターサーバー > 災害時の備蓄水にも便利なウォーターサーバー

災害時の備蓄水にも便利なウォーターサーバー

大地震や大きな台風が来ると災害により水道がストップする事がありました。

 

もしそのような災害が起きても給水車が到着しますが、道路が寸断されているといつ到着するのか分からないです。

 

到着した後でも大勢並んでいるため、中々水が手に入らない事があります。

 

そんな災害時に備蓄水があるとすぐに水が使えると言うメリットがあります。

 

しかしミネラルウォーターのペットボトルを備蓄水に使おうとすると何本も準備しないといけないです。

 

1日1人当たり3リットルの水は必要と言われています。

 

水道が復旧するまで、給水車が到着するまで日数が掛かればさらに多くのペットボトルが必要となります。

 

そんな時でもウォーターサーバーならボトル1本8リットルから12リットルもの水が入っているため手間を掛けずに備蓄水の準備が出来ます。

 

1本12リットルなら1人4日分の水が、家族3人なら3本あれば4日分の水が賄えます。

 

一人暮らしの場合は1か月当たりボトル2本が一般的な使用量と言われていますので、もし災害で水道がストップしてしまっても無くなるまでは大丈夫です。

 

電源を使用するウォーターサーバーでも常温の水であれば停電時でも出ます。

 

地震の多い地域、台風が多く上陸する地域、水害が起きそうな地域に住んでいる人は注目てみて下さい。

 

ウォーターサーバーとそのノルマに関する注意点

 

何かを注文するとなると、たまにノルマが発生してしまう事があります。

 

1年にこれだけは購入しなければならないというノルマがあり、なかなか気軽に契約する事が難しいケースがあります。

 

それで、ウォーターサーバーもその1つなのです。

 

会社によってはノルマが生じる事はありますので、気をつけた方が良いでしょう。

 

例えば1年間に12本というノルマが存在する商品があるとします。

 

そういった商品の場合は、もちろん最低でも12本は購入する必要があります。

 

したがってボトルを6本だけ購入する事も不可能ですし、3本だけと言うのも不可能です。

 

またそういったノルマ付きの商品の場合、途中解約に関するデメリットもあります。

 

基本的に大体のサーバーでは、途中で解約をしたところで、キャンセル料金などが発生する事はありません。

 

ところがノルマが存在する製品ですと、解約金の支払い義務が生じる事もあります。

 

それも、かなり高いケースがあるのですね。

 

高いお金を支払うのは、やはり抵抗感もあるでしょう。

 

もちろん数あるウォーターサーバーの中には、特にノルマが存在しない製品も数多く見られます。

 

できれば、やはりノルマが存在しない製品を選ぶのが望ましいですね。

 

ノルマなどは、契約時に必ず確認しておくのが無難と言えます。